当店(うなぎ千草)のうなぎは、安全・安心を念頭に、
主に浜名湖産を使用しています。
そして、秘伝のタレ(当店主が四十数年前、故・浅井氏に師事し、 託された割)にて、細心の注意をはらい、焼き上げています。
お客様から『美味しかったよ』の声をいただくために、日々精進して
まいります。

    串打ち三年、裂き八年、焼きは一生
東側には奥浜名湖が広がります。
個室もございます。



千草のうなぎのタレは、風味がよく、うなぎによく馴染みます。
うなぎとご飯の一体感はこのタレのおかげでうまれます。
また、程よい甘みが特徴なので、最後まで飽きずに食べられると思います。




お米は新潟県産コシヒカリ五割、富山県産コシヒカリ五割を使用しています。
うなぎとタレにも良く合うご飯です。



一般的にうなぎの調理法は関東風、関西風と分類されます。
では千草はどちらでしょう?

千草のうなぎはその両方の良い所を引き出した焼き方です。
あえていうなら『奥浜名湖スペシャル焼き』でしょうか?

ちょうど静岡県は関東風と関西風が入り混じるうなぎの境界線。
だからこそ生まれたオリジナルな焼き方です。

奥浜名湖を眺めながら、じっくりとご賞味下さい。
入り口からすぐ奥が厨房です。

うなぎ千草

ご予約・お問合せ 053-524-0809

定休日 毎週木曜日
(木曜日が祝日の場合は営業いたします)

営業時間 11時~14時 (L.O.)
        17時~19時半 (L.O.)

静岡県浜松市北区三ケ日鵺代4-1



正式名はヒトツバタゴ、別名ナンジャモンジャノキ。
日本では本種は希少種のひとつですが、うなぎ千草の庭にはその木が
植えられています。2010年の5月の連休には綺麗な小さな花を
咲かせました。

この木にはとっておきの秘話が隠されています。
詳しくはブログをご覧下さい。→2010年5月6日の記事を読む